マンションを売るなら、まず査定ですが価格に一喜一憂しない

マンションを売る際に、まず必要なことは、不動産会社に査定依頼して相場を知る事です。しかし、これはあくまで不動産会社が現状でこのくらいの価格なら売れるだろうと考えた査定価格であって、必ずこの価格で売れると保証している価格ではない事を知っておきましょう。

まずはマンションを査定に出す

不動産を売る際の手順を簡単に説明しておくと、

①不動産会社に査定依頼して相場を知る
②仲介を依頼する不動産会社と契約
③売り出し価格を決める売り出し開始
④内覧
⑤売買契約
⑥物件引渡し

と言うような手順で売却されます。まず不動産会社に査定依頼すると、取引事例などから査定価格を提示してくれますので、どうしてその査定額になるのかを説明してもらい納得できれば、次のステップで媒介契約を結び仲介を依頼します。仲介を依頼した不動産会社と査定額を元に売り出し価格を決めて、売り出しを開始します。大手ポータルサイトに掲載したり、チラシを配ったり、など売り出しを開始すると内覧の申し込みが入ります。内覧した結果、気に入れば、価格などの交渉をして売買契約を結び、決められた期日に物件を引き渡す流れです。流れについては→不動産取引の流れ

簡単に説明しましたが、まず③④⑤⑥の事は考えず、不動産会社に査定依頼して、どの不動産会社に仲介をお願いするかを考える事が大切です。

よく、査定に出さずに、マンション 売るか迷っているという人がいますが、どのくらいの価格で売れるかわからなければ、悩めませんよね?思っている価格で売れるかどうかもわかりませんし、もしかしたら高く売れる状況なのかもしれません。

その為、まずは査定依頼して自分のマンションが「いくら?」なのかを確認してみないことには次のステップに進むことはできません。売ろうか迷っている人も、売却を決めた人も、まずは査定依頼をしてください。

査定価格はあくまで参考価格!高くても一喜一憂しない!

不動産会社に査定依頼すると、不動産業者はレインズで取引事例を確認し、相場を考え査定価格を提示します。この時点で、もし自分が思っている価格よりも高くても喜んではいけません。上でも言いましたが、これはあくまで、査定依頼した不動産屋が売れるだろうと考えた価格だからです。

必ずしも、提示された価格で売れるとも限りませんし、もっと言うと査定価格が適正かどうかも判断がつきません。

ここで、自分が思っている価格よりも高かかった場合、そのまま不動産会社に仲介を依頼したりする人もいますが、この段階ではまだ、時期早々です。

査定価格が間違っていると言っている訳ではありません。査定価格は査定を依頼した不動産会社がこのくらいなら売れるという金額を示した価格ですので、参考価格となり、不動産屋の経験も入った価格です。実際には売れるまで正しかったのかはわかりませんが、それでも、この時点では時期早々と言える理由があります。

不動産屋に提示された査定額が適正かどうかは判断は難しいですが、売主にとって査定額の信頼性をUPさせる事は可能だからです。不動産屋に来店して査定してもらうのですが、もし、業者が1つではなく5社に査定依頼したとしたらどうでしょう?

1社だけでは判断できませんが、5社に査定依頼して査定額と価格の根拠を比較できれば、この査定額は間違ってそう、合ってそうがわかると思いませんか?

手順の説明で、査定の次のステップとして不動産会社選びがありますが、選ぶ為には判断基準が必要です。1社では比較もできませんしそのまま業者を信用して選ぶしかありません。それでは自分のマンションを最高価格で売ってくれるかわからないので、複数の会社に査定依頼して比較する事で判断基準を作った上で不動産会社を選ぶべきです。

高い価格でマンションを売りたい!損したくないなら必須です。