マンションを高く売りたいなら不動産会社の選び方を知るべき

「マンションを売る!」「これから売ろうかと考えている」「価格次第では検討したい」とこれからマンションを売却しようとしている方にとって、まず必要な事は、いくらで売れるのか?を知る事です。マンション 売る際の査定で一喜一憂してはいけないという話しをしましたが、複数の会社に査定依頼した際に、この業者は高い査定額、この会社はいまいちな査定額など比較して、いくらで売れるかを判断する為に査定依頼をしています。

しかし、査定額を知っただけでは、マンションを後悔せずに売却する事はできません。ここからがとても重要なステップになる事を理解しておきましょう。不動産売却で重要なのは、自分の大切なマンションを売ってくれる業者をどうやって選ぶかです。

マンションを高く売る為にはどのような不動産会社を選べばいい?

多くの不動産業者は、レインズという不動産情報の流通を目的として作られた不動産データベースを利用して、取引事例から査定価格を提示しますので、元となる情報はどの業者は同じです。

しかし、同じ情報を見ているからと言って、どの会社も同じ査定価格を提示してくるかと言ったら、そんな事はまずありません。取引事例を参考にしますが、プラスして自社で蓄積された経験やデータも加味して査定額を提示するので、異なる査定額になるわけす。

ただし、不動産仲介業者は売り物件の仲介をする事に全力をつくしますので、業者によっては、査定見積もりの段階で他の業者に取られないように、少し高めに査定してある場合があります。その為、一番高い業者にお願いすれば高く売れるとは言い切れない部分があり、業者を選ぶ力が必要になってきます。ではどのような基準を持っておけば良いのか紹介していきます。

・提示した査定額について
・近隣の相場
・ライバルとの差別化手法

不動産業者が提示した査定額について

上記でも言いましたが、不動産会社が提示した査定額は仲介の媒介契約を結ぶために高い価格を提示した可能性があるため、簡単に査定額だけを信用して選んではいけません。例えば、A社3500万円、B社3400万円、C社3300万円だとしても、この時点でA社を選ぶのはまだ早いと言えます。

提示された価格でおおまかな相場を知る事ができますが、高めに設定している可能性があるため、不動産業者にその査定額を提示した根拠を聞いてみてください。査定額を提示しているという事は、業者はこの価格で売却できると判断したから提示していますので、その価格にはそれなりの根拠があるはずです。

もしここであいまいな返答をしてくるような業者であれば、疑った方が良いと言えます。また、相場についても聞いてみる事で業者が考える相場がわかりますし、その相場と査定額を比較すれば、どうして相場よりも高いのか?どうして相場より低いのか?など色々と考える事ができます。

近隣の相場

不動産業者に依頼した査定見積もり額も参考になりますが、プラスして、現在売りに出ている不動産についても調査してみましょう。新聞折込チラシやポスティングで入っていたチラシ、また、大手の不動産情報のポータルサイトなどで、これから売却を検討しているマンションと同じレベルの不動産がいくらぐらいで売り出されているかをチェックしてください。不動産会社に任せるという方は自分で調べたりしなくても良いですが、もし悪い不動産会社に仲介を依頼していた場合、適正価格ではなく低い価格で売却される可能性もあるので注意が必要です。

近隣のマンションの売り出し価格がわかれば、大体の価格はわかるはずです。業者が提示した査定価格と比べることもできるので参考になる情報です。

ただし、売り出し価格は売却できた額ではありませんし、売主が高く売りたいと思えば、業者が提示した価格よりも高い価格で売り出す事も可能ですので、あくまで参考価格として考えるべきです。

ライバルとの差別化手法

業者を選ぶのに必ず確認して欲しい事。マンションを売却する際にタイミングよく他にライバルとなるマンションが一つもない!という事はありえません。必ず、あなたのマンションと比較して購入を検討するマンションがあるはずです。

その際に、買い手となる人はどのような基準で購入するマンションを選ぶでしょうか?買い手ではない為、確実にこうすれば売れると判断する事はできませんが、少しでも、購入層に届くように営業活動しないと売れにくいはずです。

例えば、ビートルズのCDを買いたい人にビーチボーイズのCDを紹介しても売れませんよね?形は違えど商品と考えれば同じ事が言えます。不動産の場合で考えてみると、駅近のマンションを探している人に徒歩20分のマンションを紹介しても売れる可能性は低いはずです。要はターゲットとなる人がどのような人かをしっかり考えて売らないと簡単には売れないんです。

そこで、他のマンションと所有マンションとでどこに違いがあるのか?自分のマンションの強みは何なのか?をしっかり考えて、強みを活かしながら販売戦略考えてくれる業者を選ぶ必要があります。

差別化できるポイントを聞いてみると、どの程度マンションを知ってくれているか本気度などが判断できるのではないかと思います。簡易査定しかしていない場合は、実際に物件を見ていませんので正確に判断する事は難しいので、数社、訪問査定をしてもらった上で差別化できるポイントを聞いてみると良いでしょう。

売却戦略を確認し総合的に判断して業者を選ぶ

ここまで、査定額、差別化、近隣相場などについて言ってきました。査定額の根拠がしっかりしている業者かどうか、さらに近隣の相場を把握、ライバルとの差別化を考慮した販売戦略を考えられるか?総合的に考えた上で仲介を依頼する不動産業者を選びましょう。これだけしっかりと把握した上で選べば少なくとも相場よりもだいぶ低い価格での売却にはならないと思います。

売却で失敗している人の中には業者に任せっきりで相場も知らずに売却して数百万円損している人もいます。相場を知らなければ簡単に損してしまいますが、戦略さえしっかりしていれば、最悪でも相場付近の価格では売れるはずです。